2013年12月29日日曜日

国宝、久能山東照宮


昨日、静岡市駿河区にある国宝、久能山東照宮へ行き、1枚めの写真にあるポスターパネルを奉納してきました。

ポスターパネルは、私がコピー「余ハ此處ニ居ル」を提案したことにより静岡商工会議所で始まった「余ハ此處ニ居ルプロジェクト」のイメージポスターとして、私自身でデザインしたものです。

使用している画像は久能山東照宮博物館の収蔵品である「徳川家康公像」とスペイン国王から家康公がもらって大事にされてきた「洋時計」です。

権宮司様にも久しぶりにお会いでき、奉納品をとても喜んでくださいました。また、『パーミストリー 〜人を生かす意志の話〜』も宮司様と権宮司様に献本させていただきました。

幸せになる方法として、私たち日本人が昔から頼ってきた神様が、ここにもしっかり御鎮座しています。久能山東照宮の神様といえば、東照大権現、徳川家康公です。再来年には顕彰四百年記念祭が行われます。

しあさってには新年を迎えるので、初詣客を迎えるための提灯や石段の電灯が準備され、賑やかな雰囲気が増してきています。


この地図に見るように、そもそも久能山東照宮というのは特別な場所に特別な方角を向いて建てられています。
富士山頂と、御前崎の尖端を結んだ直線上にあって、その御前崎を向いて建てられているんです。しかもそれは、富士山頂と御前崎尖端のほぼ中間地点です。

富士山は今年、世界文化遺産に登録されましたが、その構成資産の中で最も遠い、静岡市清水区の三保松原は、文学や絵画などでも歴史的に富士山とワンセットで讃えられてきたということが認められてのことでした。

さらに久能山東照宮の位置をこのように見ますと、久能山東照宮こそが、富士山あってのものであることが一目瞭然です。

このような尊いものを建てた徳川家康公や側近であった天海大僧正の、強い意志というものを感じます。それは決して、私利私欲で制覇しようというものではなく、それまでの政権が常に脆弱で崩れやすく、国が不安定であったことを根本から正して、真に平和な時代を築こうという意志でした。

その強い意志が、神様となられた徳川家康公によって見事成就し、駿府(現在の静岡市中心部)で家康公が自ら大御所政治を執り行うに至った時代には、世界各国との平和外交も実践されたんですね。

徳川家康公は、生前に数々の金言も残しておられます。この写真がそのひとつです。(クリックすると拡大)

こうした金言によっても家康公の強い意志が広く世の中に伝えられ、神様となられてなお日本の国を見守ってこられたわけです。

家康公の遺志となった言葉が伝える意志は、決して私欲に走るなということや、倹約を尊べということなど、一言でまとめるのはもちろん簡単なことではないんですが、そこに一貫して流れているのはやはり、 “人を生かす意志” であり、 “人々を幸福にするための意志” です。

私たち凡人が「人々を幸せにする」といってもなかなか大変ですが、まず最も身近にいる人から、 “この人を幸せにしてやりたい” と願って、そのためにできることをひとつひとつ、こつこつと続けることはできるはずです。

もちろんそれは、「今すぐ幸せになるように」ということではありません。A思考に「今すぐ」の変化はないからですね。

神様に詣でるという伝統的な “幸せになる方法” も、簡単にいえば、 “B思考を止めてA思考だけになること” です。

またこの “B思考を止めてA思考だけになること” は、様々な宗教で行われている多種多様な教義や儀式についても、その根本的な原理となっていることです。

神頼みにするような参拝をする際にも、 “B思考を止めてA思考だけになること” という根本原理を常にあなたの意識の中にはっきりと持って参拝してみてください。その時にこそ、神様はあなたの大きな支えになってくれます。

これは、2013年12月29日日曜日の記事です。