2013年11月27日水曜日

人格の話

幸せになる方法、コスモロジカル・パーミストリーです。

人格者というのは、より多くの人から尊敬される人のことをいうと思いますが、同じ尊敬されるのでも、身近な人々から尊敬される人と、身近な人からはあまり尊敬されなくても知名度が高くて世間から尊敬される人とがいるようです。

たとえば現在、猪瀬東京都知事が徳洲会からお金を借りていたということで叩かれていますが、元恋人という女性が「ざまあみろ」というようなことを言っているそうで、身近な人からは必ずしも尊敬されていなかったのかもしれません。

大きな事業を展開する社長さんがいたとして、社会的に地位があって尊敬されていても、社内ではただ恐れられるばかりであまり尊敬されていなかったとすれば、その社長さんの人格はどうなんでしょうか。

この人は本当に人格者だといわれるようになるためには、徳を積むということが欠かせませんが、それはやはり日ごろから、身近な人々に尊敬される人であるということになると思います。それは社会的な地位とか名誉とか、知名度などとは無縁です。まったくの無名の人であっても、その人に接する誰もが幸せを感じるということであれば、その人の人格はとても高いものだといえるでしょう。

そうなるための、もっともわかりやすい努力のしかた、それが、B思考を止めてA思考を実践することです。B思考は人から嫌われたり、人から敬遠されたりする態度になってしまいますから、いつB思考になってもすぐ自分で気づいてそれを止めることができ、人に対しては別け隔てなくA思考で接するということができるようになれば、誰でも人格者として人々から尊敬されたり感謝されたりできるようになります。

成功も、幸福も、全てはその先にこそあるものです。