2013年6月18日火曜日

肯定には強い意志も欠かせません

幸せになる方法、コスモロジカル・パーミストリーです。


私たちは誰よりもまず身近にいる人によって生かされているという実感がありますが、別の言い方をすれば、居場所が与えられているということもできます。

「おまえ、ここにいてよ。」
「あなたにいてもらわないと困るのよ。」
「どこにも行かないでね。」
「いつもいてくれて、ありがとね。」

いろんな優しい言葉があって、自分という存在を肯定してくれている。それが居場所を与えられているということ、生かされているということです。それが何としても、ずっとずっと続いてほしい。私たちは誰もがそう願って生きています。

でも時には頭にきて、「消えてほしい」とか「いなければいいのに」とか、そんなひどいことを思ったり思われたり。そんな「思い」というのは、脳みそが余分に働いて出てくる「望ましくない思考」です。もし本当にそんな思考に支配されてしまえば、本来の願いだった「ずっとずっといてほしい」という気持ちが乱され、潰されて、もう二度と会えない、会いたくない関係になってしまうかもしれません。

肯定思考を忘れずに、「いつもいてくれてありがとね。」という “意志” を持ち続けたいものです。大切な人をずっと肯定するには、強い意志も欠かせません。